■ ロータリークラブについて ■
ロータリーとはどんなクラブ

一言でいえば奉仕クラブ組織で、自分の職業を通じて奉仕することに主眼がおかれています。 ロータリーとは「人道的な奉仕を行いあらゆる職業において高度の道徳的水準を守る」という 「ロータリーの綱領」を念頭に、世界における親善と平和の確立に寄与することを目指した 実業人や専門職業人が世界的に結び合った団体」と定義され、またロータリークラブとは 「奉仕の理想を各人の個人、職業、社会生活実践の基板とすることに同意した、実業人や 専門職業人によって構成されたクラブ」と定義されています。  何か難しそうですが実際は会員同士の親睦を深め自己啓発を進めながら自分の職業を 生かして世界や地域に奉仕していくことを目指しています。

 

ロータリーの発祥と現在の規模

シカゴという大都会の中で孤独と疎外感に悩むポール・ハリスという青年弁護士が1905年 2月23日、3人の仲間とともに「実業人が友愛の気持ちをもって親しみ合い、仕事の上 の知り合いの輪を広げていく為に定期的に 集まる会をつくる」というアイディアから ロータリーが生まれました。現在は全世界の162の国や地域に29968のクラブがあり 1,176,169人 (2000/12/31RI公式発表)のロータリアンがおられます。 日本では各都道府県に2296のクラブがあり118,637人(2001/3/末)のロータリアンが 活動しています。

 

ロータリーではどのような活動しているのか。4つの奉仕活動が中心です

・クラブ奉仕
会員相互の親睦を深め、和気あいあいとした協力体制を作ります。 また、クラブ全体の運営・調和を図る役割もあります。
・職業奉仕
すべてのロータリアンが各自職場での代表でありロータリーの理想の 模範を示し、その理想を分かち合うように勧めることを目的とします。 これを端的に表したのが有名な四つのテストです。
四つのテスト 言行はこれに照らしてから
1.真実かどうか
     
2.みんなに公平か
3.好意と友情を深めるか
 
4.みんなのためになるかどうか
・社会奉仕
地域社会の中でその社会が欲しているものを探しだし、そのニーズに 対して適切な奉仕活動を行います。
・国際奉仕
ロータリーが世界平和と各国間の理解のために力となっている分野です。 青少年留学生の派遣や受入、世界各地の災害援助など世界的な社会奉仕 活動を行っており、世界中からポリオをなくすためのワクチンや医師の 提供は、麹町RCが提唱し世界的に推進されているプログラムです。

 

例会と卓話

ロータリークラブは通常毎週1回例会を開催します。 その例会では、クラブとしての活動報告や連絡事項の伝達などがありますが、 その後半に「卓話」という会員や有識者による30分間の講演があります。 この卓話はロータリークラブの最大の特徴で貴重な自己研鑽の材料です。 この他にも親睦を深めるための家族会や同好会活動があります。
<<HOMEに戻る
COPYRIGHT:© 1996-2003 TOKYO KIOICHO ROTARY CLUB ALL RIGHTS RESERVED.