■ 当クラブがホストした2580地区中央分区 IM報告 ■
2580地区、中央分区、IMとは何か

IMとはIntercity Meetingの略で、同じ地区のクラブが一緒になって行う勉強会のことです。
2580地区は東京北部を中央分区とは都心を意味し、東京、西北、神田、麹町、城北、新宿、
中野、四谷、練馬西、新都心、御茶ノ水、練馬中央、ワセダなどの名門クラブが多いエリアです。

 

開催概要

開催日 1998年11月2日、月曜日
場 所 ホテルニューオータニ、鳳凰の間
時 間 12時受付、13時開始、16時まで
出席数 750名様にご登録頂きました。

 

「健康」というテーマに挑戦

実はロータリーのIMはクラブ奉仕、職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕のいわゆる4大奉仕を
テーマにすることが多く、今回も同じでは新鮮味に欠けるのでは、という声がありました。
そこで、健康というテーマに挑戦してみようと徳増ガバナーにご相談申し上げたところ、
健康には身体のみならず「心」や「ロータリークラブ」そのものの健康の問題も考えられる
とご指導を頂き、一応内容が重複しないよう域内の4クラブに発表をお願いしました。
健康とクラブ奉仕
山田 卓也 様 東京練馬西RC
人生120年、(健康と職業奉仕)
陣内 友幸 様 東京新都心RC 右写真
青少年問題と企業倫理、(健康と社会奉仕)
小池 實 様 東京御茶ノ水RC
健康と国際奉仕
鹿島 正治 様 東京練馬中央RC

 

カバナーご感想

案ずるより産むが易しと言われるように4クラブの発表者は色々な観点から取り組んで頂き、
皆様大変立派な発表をして頂きました。健康な生活は日常の心がけ一つで出来る。
その一つに「早寝早起きが一番、人は鳥になりなさい」というお話は印象に残りました。
正に徳増ガバナーのご感想にもありました様にロータリーは多士済々です。

 

お世話になった方々

ガバナー   徳増須磨夫 様  東京RC 右写真
カウンセラー 阿部 孝  様  東京神田RC
地区幹事   岡崎 由雄 様  東京RC
分区代理   武岡 淳彦 様  東京紀尾井町RC
発表者    上記4名の方々
その他関係各位に大変お世話になり厚く御礼申し上げます。

ホストクラブ会長 武藤 正、副会長 坂本俊造
幹事 松田義之、IM委員長 田代全三郎

<<HOMEに戻る
COPYRIGHT:© 1996-2003 TOKYO KIOICHO ROTARY CLUB ALL RIGHTS RESERVED.